奥沢文庫

motoki8787.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 27日

これは、木造住宅

なんと...これは、木造住宅である。
f0091854_1981291.jpg

坂下兼三君の設計・監理による秀作・労作。

建物は越谷市・元荒川の川面を南に臨む。平面図(間取り図)はきわめてシンプル
だが、立ち上がった空間構成がとても豊か。

住宅業界による「高気密・高断熱」というセールス・トークが喧伝され、これが世間
に定着して久しいが、この住宅が持つ「空間の豊かさ」にはやはり敵わない。

この住宅は、きっと季節ごとの太陽の恵みを十分に享受するだろう。光や影の動き
が賑やかだ。そして風の通りを楽しむこともできるだろう。ここは、四季折々を欲張
った 贅沢な空間。

一方、この住宅は、年に数度は深刻な結露に悩むだろう。年に1度は、台風により雨
漏りすることが約束されている。そして、毎年のペンキ塗りが求められている。

この住宅は、住み手が面倒な様々を覚悟し、それとは引き替えに「大きな宝物」を得
た好例と云える。
[PR]

by motoki8787 | 2008-07-27 19:08 | 建物雑記 | Comments(1)
Commented by E男 at 2008-07-29 01:32 x
ナイス!
ただしものぐさなボクちんには住みこなせないかも。。。
しかし、代償は大きくても日々得る満足度、さぞや大であろう。
ぜひ、平面及び室内空間もチラッとでいいから見たいなぁ。


<< ソルフェージュ スクールの見学      ようやく着工.... >>