奥沢文庫

motoki8787.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 24日

789project

八雲の現場がいよいよ始まり、今日は「床付け面」の確認。
「床付け面」とは、建物が直接載る地盤面のこと。

あらかじめ ボーリング試験を行っているのであらかたの様子は
イメージできていたが、やはり関東ローム層は固く、しっかり..。
地盤面を指で押してみたが..まるで00の様で、その固いこと、かたいこと!
構造設計家 山崎亨の太鼓判を頂戴する。
f0091854_2232696.jpg

左は「行列のできる構造設計家」山崎亨、
右の5分刈りの巨漢は、現場を仕切る・頼もしい近嵐武。
f0091854_2234536.jpg

地盤面から概ね4mの深さは やはり深い...。

by motoki8787 | 2007-01-24 22:04 | お仕事 | Comments(0)


<< 笑門    笑う門には福 きたる      飯箸邸・新春(極秘)見学会 >>