奥沢文庫

motoki8787.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 17日

一条ゆかり「有閑倶楽部」

平凡社から一条ゆかり「有閑倶楽部」を旅する(太陽の地図帖)が出版。

「有閑倶楽部」は一条ゆかりの代表作の1つ、1981年「りぼん」(集英社)で連
載が開始された。この本は、「有閑倶楽部」を解き明かす虎の巻。

当初、アトリエを実測予定でしたが、急遽、LDKに変更。アトリエも拝見しました
が、LDKを取り上げたことは読者にとって大正解。

LDKの内部空間に住み手の「したたかさ」を感じました。
具体を云えば、
 ① 半階ずらしの構成
 ② 外部に対し、閉じつつ開く手法
 ③ 採光を補完する半外部空間
これらは、いずれも狭小敷地の都市住宅に有効な手法。外観との整合性に?がある
ものの、それでも一条の「こうしたい!」が実現し、おそらく本人の満足度は高い。

そう!作家は家づくりにも「したたか」だった。

実測図に一条作品のキャラクターをチャッカリ拝借、絵が生き生きと。このような、
住み手のアイコンを取り入れる方法に、今後の可能性を感じました。これを手掛かり
に、新しい実測図のあり方を探ります。
f0091854_23000039.jpg

一条のことは勿論、知りませんでした、少女漫画家ですから‥
「有閑倶楽部」と一条の作品を示す断片は、以下の通り(本誌から抜粋)

  有閑倶楽部は
     コメディタッチの漫画
     とにかくゴージャス
     奇想天外な物語
     雑多に文化を散りばめた作品
     文化資本をさずけてくれた

  一条ゆかりの漫画は、
     容赦ない大人の漫画
     子供騙しが一切ない
     読者に大人の世界の心構えを促す
     ページをめくりさえすれば未来を思うことができた

編集は飯倉文子+佐藤暁子+小出真由子
(編集人 日下部行洋)


by motoki8787 | 2018-12-17 23:01 | お仕事 | Comments(1)
Commented by E男 at 2019-01-01 08:38 x
あけおめことよろ
元気そうだな
オレも元気でやってるよ


<< 巻柿「矢部牡丹」      コロナブックス「谷口ジロー 描... >>