人気ブログランキング |

奥沢文庫

motoki8787.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 20日

吉備津神社へ

吉備津神社(岡山市北区)は備中、一宮神社。

吉備中山(御神体の山、標高161m)の麓に建つ。遠く、東側から眺めると、密生
する樹木を背景に、奇異な屋根がぽっかりと宙に浮いている。その屋根の総幅は
26mにもおよび、両翼はシャープに跳ね上がる。普通のヤシロなら鈍重に見える
屋根がここではスピード感あふれ、その様子はまるで宙を滑る飛翔体(巨大宇宙
船)のよう。並列する三角屋根が2気筒エンジンに見えると、マシンのスピード感
がさらに増す。

もともと神社の屋根はその下の内部空間とは何の関係も持たない。「~造り」と
いう類型化された屋根の中から、そう大きな事情によらず選ばれる。ところが、
この神社の屋根はどの型にも属さず、「比翼入母屋造り」またはここに唯一であ
ることから「吉備津造り」とも呼ばれる。

そのような屋根の下、本殿の内部を見ると神社建築には珍しく立体的な構成であ
り、その断面が興味深い。内部の床は奥にゆくに従い徐々に高まり、最も奥の
「内陣」は地面から6mもの高みにある。一般的に内陣は二重三重の結界により平
面的に隔離されるが、ここではそれに加え、高さ方向に順位を持つ。御神体は背
伸びしても届かない、遥か彼方に浮かんでいる。

他の特徴として、この神社は高い「亀腹の基壇」に建つ。また、「大仏様(重源)
」の組物が軒の出を支える。何れも寺院建築の様式だが、これらが何喰わぬ顔で
ヤシロの屋根の下で同居する。
f0091854_14511088.jpg

「奇妙で巨大な屋根」は見られることを強烈に意識し、示威的と云える。「内部
の立体的構成」は序列を指向し、権威的な体質を象徴する。そして「寺院様式の
混淆」は、なりふり構わず図々しい。何れもその目的は、民衆の耳目を集め、他
の神社の度肝を抜くことではなかったか。

祭神がヤシロの意匠をそのように仕向ける訳もなく、氏子集めで他を圧倒しよう
とした誰かが企んだ。その誰かとは、当時この辺りで権勢を誇っていた鋳物師集
の有力者だったかもしれない。


その企みは成功したから良いようなものの、一歩間違えると醜い異端児として神
社建築の系譜から外れていたかもしれない。そんな危うさを手堅く凌いだからこ
そ今日の姿があるのだろう。

この神社は豪胆であり、したたかである。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.








by motoki8787 | 2017-09-20 16:19 | 建物雑記 | Comments(0)


<< 慈光院へ(天空の書院)      資生堂アートハウスへ >>