奥沢文庫

motoki8787.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 01日

さよならソニービル

ソニービルは満身創痍だった。
名建築の最後はきまって満身創痍、とりわけ商業用途は痛々しい。

「花びら構造」の床のレベルは規則正しく90センチ毎にずれている筈だったが、
何故か、一区画のフロアーが上階まで一様に嵩上げされ、リズムが崩れていた。
ビル外周部(の室内側)には壁が巡り、窓が塞がれていた。「外の景色」が遮断
され呼吸もできない。もともとあった天井も隠蔽され、フラットで退屈な天井
姿を変えた。つまり、ビルの内側にもう一皮、新しい仕上が作られ、内部空間は
ひと回りシュリンクした。(※1)

そんなところ、床と階段には人工芝が張られ、途切れることなく上階まで連続して
いる。中央の柱のまわりにはフェイクのアイビーが繁茂する。壁にはイラスト
(未来都市?の風景)が天井まで描かれ、各フロアに往年のソニープロダクトが
展示される。これが、It’s a Sony展の舞台装置だった。

立派な舞台装置ではあったが、しかし、外界と遮断された内部空間に(都市公園の
ような設えがあったものの)息の詰まる閉塞感を覚えた。

ソニーの人達は、このビルの最後の演出に少々張り切りすぎた。手を加え過ぎた。
f0091854_13074949.jpg
最後は何も加えず、むしろ後補を剥ぎ取り、竣工当初の姿、裸に戻すことだけで
よかった。数寄屋橋交差点上空を、「外の景色」を眺めながら、ぐるぐるソニー
ビルを登りたかった。そして、反対側の歩道からガラス越しに「花びら」の重なり
具合を仰ぎ見たかった。床版がレベルをずらしながら螺旋状に巻き上がる様子を
下から覗いてみたかった。

ソニービルのコンセプトは、晴海通りを建物内部に取り込み、立体プロムナード
(散策路)を作ることだった。つまり、都市の中で「天空散歩」を楽しむことだ
った。当時は勿論、今でもこのテーマの実現は難しく、商業用途ならなお難しい。
設計した芦原義郎さんも発注した盛田昭夫さんも、当時共に40代。2人は、きっと
喜々としながらこの企みに興奮した。

ところで、
「天空散歩」を楽しむためには「外の景色」を見せることが必須であり、だから
当然のように建物外皮は全面ガラス張り。しかし、全面ガラス張りでは商品の
日焼けが懸念され、また、壁が少ないことは商品陳列に不利とされた筈。
が、この問題は「縦ルーバー」と「可動パネル」 により解決された。つまり、
ガラス外側に「縦ルーバー」を設け日除けとし、ガラス内側の「可動パネル」
により(遮光と共に)商品陳列の便宜を図ることにした。

この内外2つの仕掛けがあったからこそ全面ガラス張りが可能となり、「天空散歩」
という前代未聞の企みが現実的なものになった、と考えたい。

だからこそ、最後はその透明で瑞々しかった1966年のソニービルを見届けたかった

(※1)以前からこの状態だったのか、
    今回のIt’s a Sony展の為にこうしたのかは不明。







[PR]

by motoki8787 | 2017-04-01 13:03 | 建物雑記 | Comments(0)


<< さよなら 原宿パークマンション      花沢集落へ行った >>