奥沢文庫

motoki8787.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 28日

益子見物

初めて益子へ。
いの一番に参考館(濱田庄司記念益子参考館)へ向かった。下図は参考館の小さな
売店にいらした方から聞いた益子必見七箇所。地元の人の案内は、下手な下調べより
よほど当てになる。

益子の名は今でこそ全国区だが、そもそもは日常の器を生産する鄙の山村だった。
なんの変哲もない常使い。そこに濱田庄司が入植し陶芸活動を始めた。だから、歴史
は浅い。

村にとって濱田の影響は小さくなかったが、有田・伊万里のような形式、様式、伝統
を作ったわけではない。そのため恐らく自由な気風があるのだろう、このまちには若い
陶芸家達が、実は案外、根付いているようだ。

店先で目を引く器の作家を尋ねると、皆いちように若かった。


f0091854_20394628.jpg


by motoki8787 | 2016-12-28 10:48 | 風景・街あるき | Comments(0)


<< コロナブックス「諸星大二郎の世界」      まんまるグラス >>