人気ブログランキング |

奥沢文庫

motoki8787.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 11日

仙台街あるき B級スポット

<B級スポット>
(B級ですから、ワザワザ訪ねる必要はありません。)

仙台駅の北側すぐ、東北本線を東西に横断する立体道路にはかつて、
X橋(エックスばし)と呼ばれる跨線橋が架かっていた。煉瓦積みの礎石が、
まるでローマ遺跡のように残っている。

クリスロード商店街の脇腹にポッカリと口を開く、異界への入口、三瀧山
不動院。充満するお香の匂いに、一体ここはドコ?日本で最も高密度・狭小
の立体寺院。不動尊に到る僅か15m程の参道(狭い通路)の左右には土産
物屋がひしめき、仙台四郎の土産物はここに限定、らしい。
f0091854_22595786.jpg

幻の定禅寺。定禅寺は、江戸末期の地図によると現在の勾当台公園辺り
に所在していたが、 廃仏毀釈により見事に姿を消してしまった。名刹だった
からか、仙台が誇るavenue・定禅寺通りとして今に名前だけが残る。

サンモール1番街に面して「壱弐参横丁・いろはよこちょう」のファッサード。
 間口1間半、長さ120mの飲み屋横町は昭和へのタイムトンネル。

地名からして不穏な「川内追廻」。空襲の後に不法占拠された部落の跡地。
林立する電信柱が往時の賑わいを想起させる。仙台城の足元、伊達正宗の
頃の特等地が、今はカラスの根城。

仙台メディアテークの「機械的」生々しさ。建築へ未昇華。建築でもなく、
機械でもない、合いの子。

ハピナ名掛丁に至るトンネル空間は(名前負けする)「名掛町センター街」

華やかに店を構える仙台・三越デパートの背後にある好対照のゴチャゴチャ、
東一市場。

<仙台へのB級的まなざし>
■重装備で探検したい「竜の口渓谷」は自殺の名所。川内追廻と秘かに繋
がっている。
■東北本線が仙台駅を目指し、不自然なくらいに、西側に大きく湾曲している訳。
■街路樹、銀杏の樹形は見慣れている樹形と違う。仙台方式の剪定がある。
■アーケード構造と商店街ファッサードの蜜月関係。その変遷。
■「仙台城下・用途地域図」は1850年頃の地図。城塞都市的視点から街を
用途別に色分け。現在の地図を重ねることで仙台への理解がグッとdeepに
深まる。仙台市役所で領布している小冊子「城下町仙台を歩く」に付録される
見応え十分の地図は、たったの500円
■上記の地図の他に、手書きによる昭和24年発刊の「JTB仙台観光地図」の
復刻版。往時の路面電車網が興味深い。

<御馴染みA級スポット>
大崎八幡宮
東照宮
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

by motoki8787 | 2012-12-11 23:09 | 風景・街あるき | Comments(0)


<< 勇払原野の弁天沼      石黒唯嗣の写真展 「Rome ... >>