奥沢文庫

motoki8787.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 27日

La Rotonda(ロトンダ)3  「ロトンダ」には「パントン・チェア」

 「ロトンダ」には「パントン・チェア」が似合う。(とした訳は次回に)
ところで、2つのパントンを比べてみた。
f0091854_20423783.jpg

ヴェルナー・パントンがデザインした
パントンチェアには2種類(クラシックとニュー)あるが、
この2つは全く別もの、似て非なるものであることが分かった。

クラシック(写真右)に腰掛け体重を上下に移動させると
その反力はしなやかで柔らかい。
クラシックの外縁部を掌でなぞるとそこには筋(リブ)がある。
それは 鍛えられた「椅子の筋肉」とも云え、
その「しなやかさ」を密かに楽しむことができる。

一方、悲しいかな、ニュー(写真左)は筋肉がない。
その代わり、座面の皮の厚さそのままが大きく折り曲げられ
筋肉の役目を真似ている。なるほど、座り心地に天地ほどの差。

クラッシックはズシリと重く、ニューは軽い。
値段の違い、ゼロの数の違いがここにある。
・・



by motoki8787 | 2009-11-27 20:45 | デザイン | Comments(0)


<< La Rotonda(ロトンダ...      La Rotonda(ロトンダ... >>